読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

あなたがちゃんとしないから~私の思い出

こんにちは

mayu*です

f:id:connect_with_yourself:20170413074411j:image

(我が家の方ではまだ桜が咲いてくれています)

 

昨日facebookでつながっている方が、

親御さんからかなりひどい内容のメールを

送り付けられて傷ついている女の子のことを

シェアしてくれていました。

 

それを読んで思い出したことを書いてみようと

思います。

(あ、母との関係性は、今は回復しています。)

 

 

私が9歳の頃、母が流産しました。

 

夕方、夕飯の支度をしていた母が急に

 

「ちょっと出かけるわよ」

と言って私と弟とを連れて病院へ。

 

しばらく待合室で待った後、

流産したことを伝えられました。

 

 

赤ちゃん、生まれて来ないんだなぁ・・・

と、少し残念な気持ちを感じながら

その母の心の痛みまでは気づけない

私がいました。

 

 

それから3人で、お蕎麦屋さんでご飯を

食べようということになり、

めったにない外食に、弟も私も特別な

(不謹慎ですが)嬉しいような気持ちで

お蕎麦を食べていました。

 

 

そんな私を見て、きっと母は悲しみと

怒りがわいてきたのかもしれません。

 

 

「あなたがちゃんとしていないから

赤ちゃんが死んじゃったじゃない!!」

 

 

あー、赤ちゃんが死んじゃったのは

私のせいだ

 

 

9歳の私の中に、すとんとそれが入ってきました。

 

カウンセリングを生業にしている今、

それが自分の想い込みであることも

わかります。

 

でもね、

まだそんな40年以上も前のことが、こんなに

鮮明に思い出せます。

待合室の様子や、お蕎麦屋さんのテーブルを仕切る壁の柄まで。

 

 

お母さんの言葉は愛にも凶器にもなります。

 

 

ちゃんとしたお母さんになれ、ということでは

ありません。

 

 

凶器になる言葉を、つい使ってしまうのは、

お母さんの中に深い悩みや辛さを抱えている

ことからきていることがほとんどです。

 

 

だから、お母さんのその悩みや辛さを楽に

してください。

 

 

お母さんもお子さんも、幸せを感じやすく

なるように。

 

 

これは、私自身もきっと息子たちにやって、

傷つけてしまったこと。

反省と、同じ過ちが減ることを祈っています。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

 

-mayu*

 

 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できない約束をしていませんか?

こんにちは

mayu*ですf:id:connect_with_yourself:20170412211344j:image

(うちの近所にねこバスが!)

 

一昨日、「○○しなさい」という、ママがつい言っちゃう言葉について書きましたが、その続き。

 

 

お片付けしないと、ご飯はありませんよ!

いうこと聞かないと、おもちゃ買ってあげませんよ!

 

逆に

 

○○をやったら、お菓子買ってあげるね

 

何かを引き換えに、親が子供にやらせたいことを誘導する、ということ。

結構やってしまうことってありませんか?

 

私も子供が小さい時、そういうこと言っていたように思います。

でね、言っている時、心が荒んだ感じがしたこともなんとなく記憶しています。

 

どうして荒んだ感じがしていたのか、というと、自分が子供だった頃にそれを言われて嫌だったな・・・という思いがあったから。

自分が言われて嫌だったことを言っている自分がとても嫌でした。

 

お片付けしないと、ご飯はありませんよ!

 

→お片付けをしなくても弟はご飯をもらえる、とか

 お片付けをしなくても、いつかはご飯をもらえる

 

いうこと聞かないと、おもちゃ買ってあげませんよ!

 

→いうこと聞いても買ってもらえない、とか

 いうこと聞かなくても、クリスマスや誕生日には買ってもらえる

 

○○をやったら、お菓子買ってあげるね

 

→しても買ってもらえない、とか

 やらなくても、お母さんの機嫌がいいと、買ってもらえる

 

 

こういう矛盾を、大人が思っている以上に子供はキャッチしています。

 

お母さんが言うことは「いつも守られない」ものである、と子供が学習すると、それを守る必要も自分もないと感じてやらなくなります。

 

 

いわゆる「ちっとも言うこと聞かないんです」というご相談の時には、そういうことが隠れているケースも多いです。

 

 

お母さんの言うことに一貫性がないと、子供はその矛盾をついてきますし、お母さんに対する信頼度も下がります。

 

 

だから、「お母さんはできない約束はしない」ということを大切にしてくださいね☆

 

 なかなか難しい・・・と思われるかもしれませんが、

 

言ったことは守る

つまり

守れること=一貫性のある発言をする

こと。

 

 

ぜひぜひ意識してやってみてください☆

 

なんだか苦しくなったら、それはお子さんの問題ではなくて、お母さんの問題かもしれません。

お母さんが悪いのではなく、解決する必要がある課題がある、ということです(*^^*)

 

 

どうぞ解決にむけて動いてみてくださいね。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

 

-mayu*

 

 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

 

人のことが気になる:メルマガ配信日です

こんにちは

mayu*ですf:id:connect_with_yourself:20170410095246j:image

スーパービュー踊り子グリーン車個室で。家族ひとりひとりが”居たいところ”で過ごした結果、指定なのに座っていたのは一瞬でした(笑))

 

 

本日、10時、メルマガ配信いたします。

 

今日は

 

「人のことが気になる」

 

というタイトルで(^^)/

 

ご登録はこちらから

ママが「私」になるために

 

ご登録が10時以降の際には、手動でお送りしますね♡

 

 

-mayu* 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

 

○○しなさい!

こんにちは

mayu*ですf:id:connect_with_yourself:20170327152110j:image

(神戸の「しあわせごはん」の窓辺)

 

長距離バスの中で、1歳になるかならないか位の男の子が、パパの膝の上でご機嫌に、まるで歌を歌っているように喃語を話していました。

 

バスの揺れ具合と、パパのお膝の暖かさが、幸福感を作っているんだなぁと嬉しく思っていた時・・・

 

「静かにしなさい」

と、ささやくような声。

 

パパがお膝の上の彼に、話しかけているのがわかりました。

 

最初はそれでもご機嫌だった彼も、ずっと囁かれ続けるパパの声のトーンに不快感を感じたのでしょう。

だんだん不機嫌になり、ぐずぐず言い出します。

 

ぐずぐず言い出すと、パパのささやき声はだんだん音量があがり、怒りを帯びてきます。

 

そうなるとますます彼のぐずぐずも拍車がかかり、そのうち「ふぇ~~」と泣き出しました。

 

パパは泣き出した彼に向かって

 

静かにしろって言っているだろ!

泣きやまないなら、ここで降ろすぞ!

いい加減にしろ!!

 

とヒートアップ、ますます泣き声もヒートアップします。

 

きっとパパは静かにしてほしかったのに、なりませんでした。

 

 

続きを読む

そして「それでもうちの子・・・」とつい思ってしまう時

こんにちは

mayu*です

f:id:connect_with_yourself:20170409092853j:plain

明治村

 

昨日

connect-with-yourself.hatenablog.com

こんなblogを書きました。

 

現状辛いことが起きていると、それでもなお

 

「でも・・・」

「うちの子は違うんです・・・」

 

と、自分の子の”できないこと”の列挙が始まります。

 

 

ちゃんとご飯食べないんです!

親の言うこと聞かないんです!

片づけしないんです!

 

そうそう!

と首を大きく縦にふるママさん、どのくらいいらっしゃるかなぁ。

 

先にお伝えしておくことがひとつ。

 

お子さんは「自分の意見を持っていて、それに基づいて行動できている」ということですよ!

だから安心してくださいね( *´艸`)

 

えーーー!って思うかもしれないけれど、

 

自分の意見を持てている

それを表せること

ってとても大切なことですよ。

 

 

親の言うことを聞くより大切!!!!!

 

 

なぜなら、「親の言うことが絶対に間違いない」ということはないから。

これ、絶対、です。

 

親の言うことは、親の価値観でできています。

お子さんはお子さんの価値観で考えます。

 

差があって当然、なんです。

 

だからね、親の言うことをよく聞く子はむしろ「自分の意見が持てていない」のかもしれませんよ。

ちょっと脅かすみたいだけれど、ママの言うことをよく聞くいい子のほうが、社会に出てから心が折れる率、高いんです。

 

それ、困りますよね?

 

だから、お子さんはお子さんの意見があって、それが自分と違うだけなんだということをぜひ知っていてください。

 

 

そしてね。

 

ちゃんとご飯食べないんです!

親の言うこと聞かないんです!

片づけしないんです!

 

この背景に、

 

「こうあってほしい子供の姿」

「こうなっていたい自分の”親”としての姿」

 

が隠れていませんか?

 

 

きちんと夕飯の時に、優しい声で「ご飯よ~」というと、にこやかに子供たちが食卓を囲み、行儀よく食事を楽しむ姿

 

私の言うことを「はーい!(^^)/」と良いお返事をして、やってほしいことをする姿

 

言われなくてもお部屋が片付いている様子

 

こうなっていたらいいですよね笑

 

 

でも、そうならないのは理想と現実のギャップとして生まれます。

 

そんな時、お子さんを責めたりせず(もちろんママ自身も責めたりせず)、

 

どうやったらその姿に近づくかな~と戦略を立てることをお勧めします☆

ゲーム感覚でね( *´艸`)

(戦略をどう立てるかは、また改めて書きますね☆)

 

そしてね、あなたのお子さんに理想の姿を投影して、現実を理想に近づけようと、ずれを修正するの、やめましょうか。

 

あなたも、他人から「あなたはこういう人であらねばならない」と矯正されるのって嫌じゃないですか?

まるごと、このままの、ありのままの自分を受け止めてほしいと思いませんか?

 

 

お子さんも、そうなんじゃないかな?

 

理想と現実のギャップがあったら、合わせるのは理想から現実に、です。

 

 

現実の我が子は、本当に愛おしいですよ💛

ぜひぜひ気づいてあげてくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

 

-mayu*

 

 

 

 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

 

「どうしてうちの子は・・・」が辞められた理由

こんにちは

mayu*ですf:id:connect_with_yourself:20170408063211j:plain

(我が家のLINEグループのやりとり(笑))

 

 

「どうしてうちの子だけ〇〇なんでしょう?」

「よその子はちゃんとしているのに」

 

という台詞は、日常会話かというくらい耳にしているように思います。

 

真剣に子育てをしなければ!というママの深い愛が伝わってきます♡

 

私も息子たちが小さかった頃、そんなことを思っていたなぁ・・・。

 

 

なぜって”育児書”に書いてあるように育たないんですもの!!(笑)

 

 

”ちゃんと””いい”お母さんしなくちゃ・・・って思えば思うほど、教科書が欲しくて、それ通りに育たない子供に対して、さっきのような

 

「どうして・・・」

 

という気持ちが強くなったように思います。

 

 

 

それで、です。

それを辞められた理由。

 

 

私がカウンセリングやコーチングを学ぶなかで

 

人は一人ひとり違う

欠けていて完璧である(”欠けずに完璧”な人はひとりもいない、ということです)

そのままで価値がある

誰しも自分自身の想像を超えた可能性を持っている

 

という話を何度も見聞きし、

確かにそうだと感じる場面を何度も体験しました。

 

 

そして、私自身も、息子たちもそうなんだと気づきました。

 

これが、辞められた理由、です。

 

 

そういう視点が当たり前になった今、「どうしてうちの子は・・・」という言葉をかつて言っていたことすらも忘れてしまいそうなくらいです(笑)

 

 

これ、カウンセリングで話すと、

 

「いや、とはいえうちの子は・・・」

とかぶせてくるお母さん、本当に多いです(笑)

 

 

もしね、神様がいるとして、神様が子どもを授けてくれているとしたら、あなたの子どもだけ特別仕様にするほど暇じゃないですよ( *´艸`)

 

 

そして「子供は、自分の成長のためにやってきてくれた」と、カウンセリングを通して、確信しています。

 

 

そんな観点で、あなたのお子さんをぜひ見て・接してみてください(^^)

 

 

「まゆさんちのお子さんはちゃんとしているから・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、我が家の子供たち、結構いろんなことやらかしてます(笑)

(彼らの人権もあるのでここには載せませんが、会った時にでも訊いてください)

 

 

そして「それでもうちの子・・・」と思っちゃう方に、続きを明日書きますね。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

 

-mayu* 

 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

 

入学式

こんにちは

mayu*ですf:id:connect_with_yourself:20170407081744j:image

(新宿:ブルーボトル)

 

本日、私の母校の入学式、です。

38期生が今日からこの高校で学び始めます。

 

どんな気持ちで入学式に臨んでいるかなぁ・・・。

また、お父様・お母様はどんな気持ちで式会場に向かわれているかしら。

 

もし新しい環境に戸惑ったり、疲れてしまったら。

 

その学校の良さや、自分がこの学校に進もうと思ったきっかけについて思い出していただけたら嬉しいな(*^^*)

 

想像と少し違うこともあるかもしれません。

混乱したら、まわりの人に相談して

 

ひとりで抱え込まないこと

 

今はスクールカウンセラーさんがいらっしゃる学校も増えていますし、先生に相談するのもOK(先生、相談されるの待っていると思いますよ☆)

 

 

ちなみに私の高校は「フロンティア精神」をとても大切にしています。

 

 

やりたいと思ったことをやる

きちんとそのことには責任を取る

 

という教えは、今の私を強く支えてくれています。

 

 

お子さんがこれから通われる学校の良さはどんなところですか?

 

決して、「LINEの指導をちゃんとしてくれる」とか、本質じゃないところで評価しないでくださいね(笑)

 

これ書くと、「指導してくれないと困ります」と仰る方がいらっしゃるかもしれないけれど、指導するしないではなく、子供から大人に成長する大切な時期に、「学校」という団体生活の中で学ぶべきことはもっと奥深いものです。

 

またこのことはいずれ書いてみますね。

 

では、入学式いってきます!

38期生、ご入学おめでとうございます!!

 

最高の学び舎にようこそ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

-mayu*

 

 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座