読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

どうして息子は家族のお財布からお金を抜いて豪遊したのか

こどものこと tweet

こんにちは

mayu*です

 

f:id:connect_with_yourself:20170208082359j:plain

(セラピストの友人のサロンで。)

 

昨日は自分のことを少し書いてみましたが、息子のことも書いていってみようと思います。

 

 

現在、31・29・24歳の息子たち

今はそれぞれ仕事に就き、自分の人生をそれぞれ楽しんでいます。

 

 

今日は一番下の三男のエピソードを書いてみますね。

 

まだ2~3歳くらいの時から、近所のヤンキーとう〇こ座りして円陣組んでまして(笑)

 

年が離れたお兄ちゃんがいたから、早く大人になりたかったのかもしれません。

 

家族のお財布からお金を抜き、遊び歩いていたのは保育園の年長さん~小学校低学年。

家の中なのに、安心してお財布をそのへんに置けない緊張感・・・。

 

(この子が大人になったらどんなことになるんだろう・・・)

と、悩む毎日でした。

 

 

そんな悩みの答えがやってきたのは、まだ最近。

1年程前のことでした。

 

 

「おにいちゃんに、お前さえ生まれなかったら、お母さんは離婚できたんだって言われたんだ」

 

って。

 

 

だから、自分はここにいるよ!僕をみて!いていいんだよね!ってことを伝えたくて、悪いことしてたんだって。

 

 

ほほーーーー。知らなかった。

おにいちゃんも、それを言ったのは本心だったろうし(でも事実は違うぞ(笑))、三男も自分のせいでと心が潰される思いだったろうと思います。

 

 

言ってくれたことで、私も「そんなことないよ」と言えて、三男もほっとしたようです。

 

私たちって、思っていることをそのまま伝えるというシンプルなことを実はあんまりしていないんですよね。

大人も子供も。

 

 

だから、問題と捉えてしまう行動の奥に、どんな気持ちが隠されているのかを慎重にみるってことが大事なんだと思っています。

 

 

「お母さん、コーチングとか学んでよかったね。それまでおうちで笑ったことなかったよね」

と言ったのも三男( *´艸`)

 

 

子供は自分の見えない姿を見せてくれる鏡、なのかもしれません。

 

あ、3人の息子は全員、自慢の息子ですよ(#^^#)

 

今日も読んでくださってありがとうございます♡

 

 

-mayu*

 

 

 

Mayu Itani Profile:counselor

wonderland-of-cinderella.itanimayu.com

メールマガジン

ママが「私」になるために

 

☆カウンセリングのご予約はこちらから☆

クービック予約システムから予約する