読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

子供は他人です

カウンセリングででてくるはなし こどものこと tweet

こんにちは

mayu*です

f:id:connect_with_yourself:20170210100820j:plain

 (高松・栗林公園

 

うちの子、まだこんなことできなくて

とか

 

いうこと聞かなくて

とか

 

私はこの年齢の時こうだったのに

とか

 

そういうお悩みもよくカウンセリングの中では出てきます。

 

 

自分が生んだんだから自分の子

 

 

なのは当たり前なんですけれど、こんなことをよく言います。

 

 

 

子供は他人ですよ!

 

って

 

 

あなたの生きた何十年かと、子供が生きた数年と、

実はまったく被っていない。

 

 

同じ空間にいる時も確かにあるけれど、

まったく同じ位置にいるということはなく

 

授乳中なら

「おっぱいをあげる立場」

「おっぱいをもらう立場」

 

オムツ替えの時なら

「オムツを替える立場」

「オムツを替えてもらう立場」

 

という風に、違いますよね。

 

 

また、同じ空間にいて、

 

見ているもの

感じていること

気づくこと

 

もまた違う訳で。

 

 

とても近くにいるけれど、同じ体験かというとそうではない、ということ。

 

 

庇護のもとにある、という存在でもありますが。

 

わたしの一部、ではない。

 

ということを、心の片隅に置いていてください。

 

 

それだけで、子育ての悩みが相当減りますよ(*^^*)

 

なぜなら

 

 

わたしの一部、と思っているからこその悩み、がほとんどだから。

 

 

 

あなたが産んだ子供、だけれど、

一人の人。

 

 

その距離感を大切にしてみてください。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

-mayu*

 

 

Mayu Itani Profile:counselor

wonderland-of-cinderella.itanimayu.com

メールマガジン

ママが「私」になるために

 

☆カウンセリングのご予約はこちらから☆

クービック予約システムから予約する