読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

脳が喜ぶ「食べ方」って

こんにちは

mayu*です

 

f:id:connect_with_yourself:20170225075000j:plain

 (穂高養生園のごはん)

 

子育て中は特に、食には関心がいきますね。

 

 

添加物はないほうがいい

農薬もないほうがいい

 

 

とはいえ100%、無農薬や無添加の食事を作り続けるのはちょっと大変、ですよね

 

 

添加物はダメ!

無農薬はダメ!

 

 

と眉間に皺を寄せるよりは

 

できる範囲のことをして

 

あとは

 

美味しいね(*^^*)

って、

その食材を愛でながら食べるのがいいんだなと。

 

 

昨夜、友人の夕食会に参加させてもらい、私を含め4名でお鍋を囲んでいたのですが、誰かが

 

「愚痴とかネガティブな話をしないご飯って、いいね」

 

と言っていて、本当にそうだなとしみじみ感じました。

 

 

子育て中って、ママは次の段取り(何時までにこれやらなくちゃとかね)を考えながら、立ったままご飯をかき込むように食べることもあるけれど

 

 

せっかくなので、少しだけでも

 

お子さんと

美味しいね♡

って

向き合って

ご飯食べてもらえたらいいな

 

 

なかなかそうするのは大変かもしれないけど。

無理のない範囲でね♡

 

 笑顔はがん細胞も消滅させるくらいのパワーがあると言われているし、お子さんもママの笑顔は大好きだし(*^^*)

 

脳も、そんな風に食べるご飯は、適切な栄養素として身体に生かしてくれますよ☆

 

面白いことに、ストレスで食べたり「ダイエットしなくちゃ・・・でも・・・」って思いながら食べると、飢餓スイッチが入るらしく(入ってきたものは漏れなく身体に身に着けないと)と思って手放せず、(もっともっと!)と、また食べたい欲求を発動する・・・という流れがあるんですよね。

 

ダイエットしたいのにできない・・・という時や、ストレスでやけ食い・・・という時は結構このパターンにはまっていることが多いです。

(私も、わかっていながら時々はまります(笑))

 

ちなみにこういうご相談を受けたときにはこんな風にお伝えします。

 

「何を食べるのかを確認しながら食べてね」って。

 

ストレス食いする時って

 

(あー、またこんなに食べちゃって)

(ダメなのにやめられない)

(私って意志が弱いなぁ)

 

って責めながら食べていることが多いので、

 

責めずに

食材が何かを確認し

それを味わう

 

と、意識を向けるだけでも変わってくるし、そうすることで「何を食べるか」というところの意識が変わってきます。

 

できるところから。

やりたいと思うことから。 

 

よかったらやってみてください。

 

今日も読んでくださって有難うございます☆

 

-mayu* 

Mayu Itani Profile:counselor

wonderland-of-cinderella.itanimayu.com

メールマガジン

ママが「私」になるために

 

☆カウンセリングのご予約はこちらから☆

クービック予約システムから予約する