光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

横道逸れますが、タバコとストレスの関係性

こんにちは

mayu*です

f:id:connect_with_yourself:20170312074922j:image

(ならの木さんのwelcomeボード☆)

 

 

数年前の今日に書いていた別のblogが、

タバコとストレスの関係性

だったので、番外編的に書いてみようと思います。

 

 

数年前まで、職場のストレスを測る、という仕事を

していました。

 

時に

 

「タバコを吸っている人はストレス値が高いという

データが欲しい」

 

というご相談があり、その因果関係を測る機会が

何度かありました。

 

 

取らせていただくと、

毎回(必ず、です)

 

「タバコを吸っている人よりも吸わない人の方が

 ストレス値が高い」

 

という結果がでます。

 

 

最初の頃は、期待以外の結果をお伝えするので

申し訳ない気持ちにもなりましたが、

そのうち、その”期待以外の結果”を

お伝えする意味があることに気づくようになりました。

 

 

タバコの害は確かに0ではありませんが、

喫煙者の方は「ストレスを解消する方法を1つもっている」

ということとご理解いただくといいかなと思います。

 

 

これについては、それ以上でも以下でもありません。

 

 

もしあなたが非喫煙者で、

「自分のストレス解消方法がないぞ」

と思われたら、ぜひストレス解消方法を見つけて

いただきたいなと思って、お伝えをしています。

 

 

他の人が”自分を満足させる方法を持っていて

それを見て”イライラする”

ということに置き換えると、

どちらがストレス過多か、わかりますね。

 

 

タバコを吸うのを見てストレス溜めるなんてナンセンス!

 

 

もう視界に入れるのをやめて、

自分が気持ちよく過ごせる方法を探しませんか?

 

 

 

でも発がん率が・・・という思いがもしよぎったら。

非喫煙者に比べてストレス値が低いということは、

発がん率も低いかもしれません。

 

ちなみに私のまわりは喫煙率が高いんですけれど、

もう亡くなった方たちを振り返ると、非喫煙者

方が発がん率高いです。

 

比較データを私が持っている訳ではないので、

エビデンスを提示することはできませんが、

 

よかったら。

 

「タバコ=嫌なもの・百害あって一利なし」

ではないところもあるかも?

 

という視点もあるのかもと思っていただけたら

嬉しいです。

 

あ、私は、非喫煙者です。

煙もきらーい(笑)

 

でもこういう視点があると、

タバコを吸う人を見てもイライラせずに

いられて、健康が守られる感じがします。

 

今日は”タバコ”という視点で書いてみましたが

他の「ダメ」と思っていることも、違う視点が

あるかもしれません☆

 

今日も読んでくださってありがとうございます。

 

-mayu*

  

 

Mayu Itani Profile:counselor

wonderland-of-cinderella.itanimayu.com

メールマガジン

ママが「私」になるために

 

☆カウンセリングのご予約はこちらから☆

クービック予約システムから予約する