読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

おばあちゃんの罠

こんにちは

mayu*です 

f:id:connect_with_yourself:20170223073503j:plain

鎌倉文学館

 

時々あるご相談

 

「おばあちゃんが勝手にこっそりお菓子食べさせちゃうんです(/ω\)」

 

あ!うちも!!

 

と思った方、多いかもしれませんね。

 

 

おばあちゃん→お菓子をあげると孫が喜ぶからあげる

子供たち→おばあちゃんはお菓子を食べると喜ぶ&禁止(もしくは制限)されているものを得られる

お母さん→ごはんをちゃんと食べてほしい(からお菓子はそんなに食べてほしくない)

 

 

子供からみると、

お母さんは”食べたくないごはんを食べないと怒る人”だし、

おばあちゃんは”ごはんを食べなくても怒らないし、お菓子くれる人”だし。

 

 

ここだけ見ると、お母さんはすごく分が悪い感じがしますね。。。

 

でもね、

子供の心と身体の健康を創っているのは”お母さん”

 

だから「私の責任でこうしています」と言っていいですよ☆

 

もちろんケースバイケースで対応は変わりますけれど

最終的にどうするのかを決めるのは

 

お母さん、です。

 

ひとりで責任負えるかしら・・・と心配になるかもしれません。

  

でもね、

虫歯になっても

肥満になっても

おばあちゃんは責任とってくれませんからね(/ω\)

 

子供の身体と心の健康は、親が責任を持つ。

・・・責任というと緊張するかもしれませんけれど、そんなに難しいことではないですよ💛

(この話はまた別の機会に書きますね)

 

 

そして、できれば「本当に美味しいもの」を教えておくのって大事だなと思います。

身体が喜ぶ美味しいものを舌が知っていると、スーパーで買ってくるレベルのお菓子を美味しいと感じることは少なくなります。

 

 

*本当に美味しいものを知る

*お菓子で紛らわせなければならないストレスを軽減させる

 

 

と、おばあちゃんにお菓子を差し出されても、ママが不安になるほどお菓子に夢中にならずにすみますよ☆

子供にすることというよりママも一緒にやるといいかも♡できるところからね(^_-)-☆ 

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

-mayu* 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

 

<