読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

「どうしてうちの子は・・・」が辞められた理由

こんにちは

mayu*ですf:id:connect_with_yourself:20170408063211j:plain

(我が家のLINEグループのやりとり(笑))

 

 

「どうしてうちの子だけ〇〇なんでしょう?」

「よその子はちゃんとしているのに」

 

という台詞は、日常会話かというくらい耳にしているように思います。

 

真剣に子育てをしなければ!というママの深い愛が伝わってきます♡

 

私も息子たちが小さかった頃、そんなことを思っていたなぁ・・・。

 

 

なぜって”育児書”に書いてあるように育たないんですもの!!(笑)

 

 

”ちゃんと””いい”お母さんしなくちゃ・・・って思えば思うほど、教科書が欲しくて、それ通りに育たない子供に対して、さっきのような

 

「どうして・・・」

 

という気持ちが強くなったように思います。

 

 

 

それで、です。

それを辞められた理由。

 

 

私がカウンセリングやコーチングを学ぶなかで

 

人は一人ひとり違う

欠けていて完璧である(”欠けずに完璧”な人はひとりもいない、ということです)

そのままで価値がある

誰しも自分自身の想像を超えた可能性を持っている

 

という話を何度も見聞きし、

確かにそうだと感じる場面を何度も体験しました。

 

 

そして、私自身も、息子たちもそうなんだと気づきました。

 

これが、辞められた理由、です。

 

 

そういう視点が当たり前になった今、「どうしてうちの子は・・・」という言葉をかつて言っていたことすらも忘れてしまいそうなくらいです(笑)

 

 

これ、カウンセリングで話すと、

 

「いや、とはいえうちの子は・・・」

とかぶせてくるお母さん、本当に多いです(笑)

 

 

もしね、神様がいるとして、神様が子どもを授けてくれているとしたら、あなたの子どもだけ特別仕様にするほど暇じゃないですよ( *´艸`)

 

 

そして「子供は、自分の成長のためにやってきてくれた」と、カウンセリングを通して、確信しています。

 

 

そんな観点で、あなたのお子さんをぜひ見て・接してみてください(^^)

 

 

「まゆさんちのお子さんはちゃんとしているから・・・」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、我が家の子供たち、結構いろんなことやらかしてます(笑)

(彼らの人権もあるのでここには載せませんが、会った時にでも訊いてください)

 

 

そして「それでもうちの子・・・」と思っちゃう方に、続きを明日書きますね。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

 

-mayu* 

 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座