光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

できない約束をしていませんか?

こんにちは

mayu*ですf:id:connect_with_yourself:20170412211344j:image

(うちの近所にねこバスが!)

 

一昨日、「○○しなさい」という、ママがつい言っちゃう言葉について書きましたが、その続き。

 

 

お片付けしないと、ご飯はありませんよ!

いうこと聞かないと、おもちゃ買ってあげませんよ!

 

逆に

 

○○をやったら、お菓子買ってあげるね

 

何かを引き換えに、親が子供にやらせたいことを誘導する、ということ。

結構やってしまうことってありませんか?

 

私も子供が小さい時、そういうこと言っていたように思います。

でね、言っている時、心が荒んだ感じがしたこともなんとなく記憶しています。

 

どうして荒んだ感じがしていたのか、というと、自分が子供だった頃にそれを言われて嫌だったな・・・という思いがあったから。

自分が言われて嫌だったことを言っている自分がとても嫌でした。

 

お片付けしないと、ご飯はありませんよ!

 

→お片付けをしなくても弟はご飯をもらえる、とか

 お片付けをしなくても、いつかはご飯をもらえる

 

いうこと聞かないと、おもちゃ買ってあげませんよ!

 

→いうこと聞いても買ってもらえない、とか

 いうこと聞かなくても、クリスマスや誕生日には買ってもらえる

 

○○をやったら、お菓子買ってあげるね

 

→しても買ってもらえない、とか

 やらなくても、お母さんの機嫌がいいと、買ってもらえる

 

 

こういう矛盾を、大人が思っている以上に子供はキャッチしています。

 

お母さんが言うことは「いつも守られない」ものである、と子供が学習すると、それを守る必要も自分もないと感じてやらなくなります。

 

 

いわゆる「ちっとも言うこと聞かないんです」というご相談の時には、そういうことが隠れているケースも多いです。

 

 

お母さんの言うことに一貫性がないと、子供はその矛盾をついてきますし、お母さんに対する信頼度も下がります。

 

 

だから、「お母さんはできない約束はしない」ということを大切にしてくださいね☆

 

 なかなか難しい・・・と思われるかもしれませんが、

 

言ったことは守る

つまり

守れること=一貫性のある発言をする

こと。

 

 

ぜひぜひ意識してやってみてください☆

 

なんだか苦しくなったら、それはお子さんの問題ではなくて、お母さんの問題かもしれません。

お母さんが悪いのではなく、解決する必要がある課題がある、ということです(*^^*)

 

 

どうぞ解決にむけて動いてみてくださいね。

 

 

今日も読んでくださってありがとうございます☆

 

-mayu*

 

 

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

ママ向けファシリテーター養成講座

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(残席1)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座