読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光が差し込む子育て日記

「ちゃんと」「良い」子育てができているのか不安なママへ

学校に行きたくないと言えることは素晴らしいんです!!

こんにちは

mayu*ですf:id:connect_with_yourself:20170328214229j:image

(銀座ラデュレ

 

 

GW明け。

 

今日も学校に行かないのかな・・・と思い悩むママと、

今日も学校に行けない・・・と、ため息をつくお子さん。

 

 

4月から、

 

「今度こそ、環境も変わるし、リセットして通えるんじゃないか」と

 

期待と不安、半々でスタートし、

なんとかその波に乗れた方もいれば、

やっぱりダメだった・・・という方もいると思います。

 

 

不登校のご相談をいただくたびに、必ず言うことがあります。

 

 

学校に行きたくないと言えることは素晴らしいんです!!

 

 

ご両親の心配は尤もなこと。

 

 

でもね

 

 

自分が、何を、どう感じているかを掴むことができること

自分が、それを、親に伝えることができること

(言葉だけでなく、態度で伝えることもあるかもしれません)

 

 

大人でも

 

自分が、何を、どう感じているか気づくことが出来ない人

自分がそれを誰かに伝えることが出来ない人

 

のほうが、とても問題、なんです。

 

 

ご両親にとっては、

みんなと同じように学校に行ってほしいというお気持ちもあると思います。

 

 

でも、責める前に、

伝えてくれたこと(何度も書きますね。言葉だけでなく、態度で伝えてくれていたとしても一緒、です)に「伝えられてよかった」と言ってあげてください。

 

そして、学校に行きたくない理由を(ここも責めずに)聴いてあげてくださいね。

 

 

最初はご本人も理由がうまく説明できない・・・ということもあるかもしれませんが、じっくりと待ってあげてくださいね。

 

 

そして、お子さんが学校に行かないことで

 

私の育て方が悪かったのかしら

ちゃんとしてないお母さんと思われないかしら

 

とか

 

私だって嫌なのに頑張って学校行ってたのに

どうしてこの子はワガママばっかり言うのかしら、私は言ったことないのに

 

とか、お母さん側にも様々な気持ちが沸いてくると思います。

 

 

カウンセリングでは、学校に行かない(行けない)お子さんよりも、

実はお母さんのケアを重視しています。

 

 

お母さんが悪いから・・・ではないですよ(*^^*)

 

 

不登校は、お子さんにとっても「本当にしたいこと」ではない、ですよね。

お母さんにとっても「そうなってほしい姿」ではない、ですよね。

 

 

お子さんにとって、お母さんにとって、ご家族みなさんにとって

いい結果につなげるために、お母さんのケアを大切に考えています。

 

 

カウンセリングって何だろう

叱られないかな

「こうしなさい」って言われることができなかったらどうしよう

 

様々な気持ちが沸いてくると思いますが、

そういう疑問を解消してからカウンセリングを受けるかどうか

決めることも可能です☆

 

 

初回面談という形で、カウンセリングへの疑問を解消して、前に進んでみませんか?

 

 

一歩前に進むことができると

「もっと早く来ればよかった!」

とクライアント様方からお声をいただくので、

 

 

今日は背中を押してみたいなと思います(*^^*)

 

 

お問合せはこちらから

パーソナルセッション

 

長文、読んでくださってありがとうございます☆

 

-mayu*

 

〇●●〇 直近の講座〇●●〇

 

peraichi.com

 

ママ向けファシリテーター養成講座(5月生募集中です)

 

2017.5.20:軽井沢:魔法の絵本 夢の100リスト(満員御礼:申込終了しました)

 

2017.6.3:長野:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.17:神戸:24時間使い切る!タイムマネジメント講座

 

2017.6.25:東京:24時間使い切る!タイムマネジメント講座